【ニューヨーク共同】29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、午前10時現在は前日比43・71ドル高の2万6422・99ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は73・40ポイント高の1万0475・49。

 米景気回復の遅れが懸念される中、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の記者会見を控え、金融緩和長期化への期待感が相場を支えた。

無断転載・複製を禁じます