【クアラルンプール共同】マレーシアの政府系ファンド「1MDB」を巡る巨額資金流用事件で、クアラルンプールの高裁は28日、元首相のナジブ被告が問われている職権乱用罪について、弁護側の主張を不十分だと退けた。地元紙は有罪判決と伝えた。

無断転載・複製を禁じます