加賀友禅作家が手掛けたゲームとのコラボ着物をまとう大原さん=加賀友禅会館

 スマートフォン向けアプリゲーム「アズールレーン」とのコラボ企画で制作された加賀友禅2点が20日、加賀友禅会館で披露された。加賀友禅作家の鶴見晋史さんと志々目哲也さんが手掛けた着物で、今後、ゲーム内でキャラクターが衣装をまとう。

 アズールレーンは擬人化した艦船が戦闘を繰り広げるゲーム。コラボは2回目で、ゲームを通じて日本の伝統工芸を発信する狙い。キャラクターのイメージから着想を得て、花や楽器をあしらった着物が制作された。

 20日はキャラクターの声を担当する声優の大原さやかさんが会場で作品と対面した。加賀友禅特使にも任命された大原さんは「胸がいっぱいになるほどうれしい」と笑顔を見せた。29日から同館でコラボ展、同館周辺での周遊企画も始まる。

 大原さんらは同日、金沢市役所に村山卓市長も訪ねた。

無断転載・複製を禁じます