桜並木にぼんぼりを飾り付ける根木福寿会員=穴水町ののと鉄道能登鹿島駅

撮れたてニュース

「能登さくら駅」にぼんぼり 石川・穴水でほぼ満開

2018/04/06 01:59

 穴水町の老人クラブ「根木福寿会」は5日、同町ののと鉄道能登鹿島駅で、桜並木にぼんぼり60個を飾り付けた。ソメイヨシノなど約100本は例年より1週間ほど早く、ほぼ満開となっている。

 

 会員10人は駅の愛称である「能登さくら駅」と書かれたぼんぼりを、手際よく設置した。坂本猛会長は「例年より花見シーズンが早くなって驚いている。今年は特にきれいなので多くの人に楽しんでほしい」と話した。

 

 駅では、能登鹿島駅さくら保存会が15日午前10時から「花見だよ!inのとさくら駅」(北國新聞社後援)を開催する。イサザの躍り食いや焼きカキ、カキ飯などの屋台が並び、町出身の歌手三輪一雄さんの歌謡ショーや太鼓の競演、バンド演奏などが繰り広げられる。