制作した4隻の模型を紹介する砂原さん=かほく市横山

撮れたてニュース

全長2メートル、精巧「大和」 かほくの男性4隻手作り

2015/12/31 03:28

 かほく市横山の元塗装工、砂原良一さん(66)が戦艦「長門」や米空母「ミッドウェー」など4隻の精巧な模型を仕上げた。いずれも全長約2メートルで、スギの間伐材やベニヤ板で手作りした。

 

 砂原さんは昨年9月の定年退職を機に模型作りを始め、約半年掛けて戦艦「大和」を完成させた。その後も2、3カ月に1隻のペースでミッドウェーと戦艦「武蔵」を制作し、今月上旬に4隻目の戦艦長門を作り終えた。