一回裏、石川無死満塁。桒原が先制の2点二塁打を放つ=金沢市民野球場

地域スポーツ

ミリオンスターズ後期白星発進 10安打10点、滋賀に快勝

2018/06/24 02:00

 ルートインBCリーグ(23日)後期戦が始まり、前期の西地区で3位に終わった石川ミリオンスターズは金沢市民野球場で同じく最下位(5位)の滋賀ユナイテッドBCと対戦し、打線が長短10安打の力強い攻めを続けて10―2で快勝した。

 

 石川は初回、先頭神谷が敵失で出て、高橋四球、宮澤左前打の無死満塁から桒原の右中間二塁打で2点を先行した。

 

 二回に暴投で労せずして加点した後、三回に2点を返されたが、五回に2連続死球を足場に好機をつかみ、金山の左前打、入谷の内野安打、敵失で3点を奪い、点差を広げた。

 

 さらに六回に桒原の適時打で7点目、八回に神谷の本盗、宮澤と森口の三塁打でダメ押しの3点を奪った。

 

 先発永水は2ランを許したものの、丁寧な投球で七回まで投げて12三振を奪い、八回を有吉、九回を伊藤が抑えて無傷の5勝目を挙げた。