公開練習で調整に励むPFUブルーキャッツの選手=輪島市のサン・アリーナ

地域スポーツ

輪島でレベルアップ バレー・PFU、合同練習を公開

2018/06/14 01:50

 秋開幕のVリーグ1部(V1)に参入する女子バレーボール・PFUブルーキャッツは13日、合宿先の輪島で報道向けに公開練習を行った。選手は7月6~8日のサマーリーグ東部大会連覇を見据え、レシーブやブロック、スパイクで調整やスキルアップに励んだ。

 

 毎年恒例の輪島合宿は11日に始まった。13日は一本松総合運動公園体育館「サン・アリーナ」での練習が公開され、1日に就任した清水眞衣主将は「若い選手が多く、リーグ開幕までの夏場の練習でレベルアップしてチーム力で勝つ」と抱負を語った。合宿は16日まで。

 

 13日は輪島市教委のバレーボール教室もサン・アリーナで開かれ、市内の小中高校生約50人がPFUの選手、コーチから指導を受けた。