地域スポーツ

選手とファン、交流深め 石川県内スポーツチーム、金沢に集結

2018/03/22 01:54

 県内を代表するスポーツチームが集結する「いしかわトップスポーツ・ミーティング」(北國新聞社後援)は21日、金沢市の片町きらら広場で行われ、選手らがトークと実演で集まったファンと交流を深めた。

 

 野球、サッカー、バスケットボール、ハンドボールなど9チームが参加した。BCリーグ・石川ミリオンスターズは石川文哉、森野晃司両投手が4月の開幕戦に向けての意気込みを語り、女子軟式野球チーム「ダラーズ」の野崎柚季投手と白球を投げ合った。

 

 サッカーJ2のツエーゲン金沢、フットサルのヴィンセドール白山の選手は華麗なリフティングを披露して会場を沸かせ、女子バレーボールのPFUブルーキャッツも競技をPRした。

 

 イベントは片町商店街振興組合が主催し、今年で3回目となった。