初練習で軽快な動きを見せる選手=金沢市のいしかわ総合SC

地域スポーツ

柳下監督「いい状態」 ツエーゲン、金沢で初練習

2018/01/17 01:58

 J2・ツエーゲン金沢は16日、金沢市のいしかわ総合スポーツセンターで今年初のチーム練習を行った。軽めの調整のはずが、本気モードで競り合う選手が続出。就任2年目の柳下正明監督は「熱が入り過ぎていたので早めに切り上げた。選手は非常にいい状態。昨年(17位)より上を目指す」と語った。

 

 フィジカルチェックで欠席した選手を除き、約20人が2時間汗を流した。3年ぶり古巣復帰のMF清原翔平は「すんなり溶け込めました」とリラックスした様子で、新加入のDFアラン(航空石川高OB)はストレッチでぎこちない動きを披露し、笑いを誘った。

 

 チームは22日から宮崎県都城市でキャンプをスタートし、2月25日に敵地で行われる愛媛FCとの開幕戦に備える。昨季16得点のFW佐藤洸一は「いい状態で開幕を迎えたい」、DF作田裕次(星稜高OB)は「キャンプでしっかり準備したい」と語った。