高校の男子リレーで22連覇した鶴来のメンバー=白峰クロスカントリー競技場

地域スポーツ

鶴来が男子リレー22連覇 県高校スキー選手権

2018/01/16 02:00

 第54回石川県高校スキー選手権第1日(15日・白山市白峰クロスカントリー競技場ほか=本社後援)全国大会の予選を兼ねて開幕し、開会式の後、距離競技の男子リレーが行われ、単独出場の鶴来が22年連続46度目の優勝を果たした。

 

 距離競技はリレー、個人とも女子の出場がなく、今季も男子のみで争われ、男子リレーは1人10キロの40キロで実施された。

 

 白山市桑島のホテル八鵬で行われた開会式では、距離競技の山下翔生選手(鶴来)が宣誓した。

 

 第2日の16日は男女の大回転(白峰アルペン競技場)と男子の距離クラシカル、最終日の17日は男女の回転と男子の距離フリーが行われる。

 

 アルペン競技は昨季まで雪不足のため岐阜県高山市の飛騨ほおのき平スキー場で行われてきたが、3季ぶりの県内開催となる。

 

 第67回全国大会は2月4~8日にアルペン競技が飛騨ほおのき平スキー場、距離競技がデイリー郡上・牧歌の里クロスカントリーコースで開催される。