ボランティアの役割を学ぶ参加者=金沢市松ケ枝福祉館

ホッとニュース

ボランティアの役割学ぶ 金沢で「カフェ」初開催

2018/01/20 02:35

 金沢市社会福祉協議会の「ボランティアカフェ@まつがえ」は18日、市松ケ枝福祉館で初めて行われ、11人がボランティアの役割を学び、交流を深めた。

 

 県防災士会の福谷正信事務局長が講演し、災害時の避難誘導など防災士の役割を紹介した。大雪の除雪に時間がかかったことについて「行政は幹線道路の除雪を優先するため、生活道路は地域のボランティアが協力して対応する必要がある」と話した。

 

 カフェは、ボランティアに関する情報を共有し、市内での活動を促進させるために企画した。昼間に時間が取れない学生や社会人らが参加できるよう、毎月第3木曜午後7時~8時半に開く。次回は2月15日で、かなざわ紙芝居倶楽部がゲストとなる。