初出荷を迎えた紋平柿=かほく市夏栗のJA石川かほく高松集出荷場

ホッとニュース

紋平柿、甘く大きく かほくで初出荷

2017/10/31 01:52

 かほく市特産の紋平柿(もんべいがき)が30日、初出荷を迎え、だいだい色に染まった晩秋の味覚約2トンが金沢市中央卸売市場に運ばれた。31日に店頭に並ぶ。

 

 紋平柿は強い甘みと滑らかな歯触り、実の大きさが特長で、JA石川かほく管内では高松紋平柿生産組合の農家81戸が約19ヘクタールで作付けしている。同JAによると、今年は天候に恵まれ、台風被害も少なく、生育は順調という。11月下旬まで、金沢と大阪の市場に65トンの出荷を見込む。

 

 かほく市夏栗のJA石川かほく高松集出荷場では、生産農家らが、炭酸ガスで渋味を抜いた実を傷の有無や形、重さなどで選別し、箱に詰めた。