新設された電子看板を眺める園児や保護者=金沢市役所庁舎前広場

ホッとニュース

にぎわい拠点完成祝う 金沢市が庁舎前広場整備

2017/03/22 02:17

 金沢市役所庁舎前広場の完成式は21日、現地で行われ、行政や地元関係者ら約60人がまちなかのにぎわい創出につながる交流拠点の誕生を祝った。段差を解消してバリアフリー化を図ったほか、デジタルサイネージ(電子看板)を設置し、市政や気象、災害などの情報発信に活用する。

 

 広場は約4千平方メートルで、電源や給水設備などを配置してイベントスペースとしての機能を強化した。広場の利用は市の関連行事が中心となる。歩行空間を広げ、金沢21世紀美術館、しいのき迎賓館など周辺施設への回遊性を高めた。駐車場にロータリーを設けた。

 

 電子看板は毎日午前9時~午後6時に稼働し、市のPR動画などを放映する。広場は2015年度から整備され、総事業費は約3億4千万円だった。完成式では山野之義市長があいさつし、福田太郎市議会議長が祝辞を述べた。テープカットに続き、聖ヨゼフ幼稚園の年中児30人が歌を披露した。