ホッとニュース

犀川に「あぜのきらめき」 9月、片町まちづくり会議

2016/08/04 03:25

 片町周辺の商店や町会でつくる「金沢片町まちづくり会議」は9月に行う犀川のライトアップイベントで初めて、輪島市の「あぜのきらめき」の発光ダイオード(LED)を使う。LEDは自動的に色が変化するのが特徴で、イベント会場も従来の犀川大橋下流の約200メートルから、上流の同大橋―桜橋間約700メートルに拡大し、能登を代表する光のイベントで使用される2万個のLEDで犀川を色とりどりの光で照らす。