遠藤、輝ともに2連勝 大相撲初場所2日目

2018/01/16 02:00

 大相撲初場所(両国国技館)2日目の15日、西前頭5枚目の遠藤(穴水町出身、追手風部屋、金沢学院高OB)は西前頭6枚目の勢(伊勢ノ海部屋)を突き落としで下した。西前頭12枚目の輝(七尾市出身、高田川部屋、金沢市西南部中OB)は西前頭11枚目の大翔丸(大阪市出身、追手風部屋、金沢学院高OB)を押し出し、遠藤、輝ともに2連勝となった。

 

 遠藤は勢に押し込まれたが、左足一本で残って突き落とした。物言いがついたものの、軍配通りで勝ち名乗りを受け、取組後は「相手が先についたと思った」と語った。

 

 輝は過去4戦全勝と得意の大翔丸を押し出し、「慌てずに相撲が取れている」と手応えを示した。大翔丸は「もうちょっと何とかしたかった」と話した。

 

 西前頭14枚目の豊山(新潟市出身、時津風部屋、金沢学院高OB)は西前頭13枚目の大栄翔(追手風部屋)を力強く押し出して初白星を挙げた。