芸妓の舞を楽しむ観光客=金沢市東山1丁目

新春の舞あでやか 金沢・ひがし茶屋街の芸妓が披露

2018/01/07 01:52

 金沢市東山1丁目の国重要文化財「志摩」で6日、新春の遊芸が行われ、ひがし茶屋街の芸妓(げいこ)が裾を引きずる黒紋付きの正装であでやかな舞やお座敷太鼓を披露し、観光客を楽しませた。

 

 真砂美(まさみ)さんの三味線に合わせ、唐子(とうこ)さんとかつ代さんが「一陽来復(いちようらいふく)」と「めでたいな」を流れるような所作で舞った。観光客はお座敷太鼓の演奏を体験し、金沢に息づく茶屋文化を満喫した。7日午後3時からも行われる。