海岸に設置された竹灯籠にともされた明かり=珠洲市三崎町粟津

帰省客迎える竹灯籠 珠洲・三崎の海岸に2200個並べる

2017/08/14 02:01

 珠洲市三崎町の住民グループ「粟津村おこし推進協議会」は13日、粟津川河口の海岸で、旧盆の「送り火」を行った。海岸に手作りの竹灯籠約2200個が並べられ、優しい明かりが住民や帰省客を楽しませた。

 

 送り火は今年で3年目となり、住民が新たに灯籠約300個を作って加えた。海岸200メートルにわたって置かれた灯籠に、住民が点灯すると、波音が絶えない浜辺をろうそくの明かりが幻想的に飾った。