ロゴマークをあしらった旗を持つ職員=加賀市作見町のJA加賀本店

「加賀九谷野菜」でロゴ JA、知名度向上へ旗掲げる

2017/02/11 03:10

 JA加賀が市内産のブランド野菜「加賀九谷野菜」を周知するため、独自のロゴマークを初めて作製した。名称の由来である九谷焼の五彩を取り入れ、若者が親しみやすいデザインに仕上げた。ロゴをあしらった旗を今月中旬から各支店や直売所などに掲げ、知名度の向上と生産者の意欲向上につなげる。

 

 同JAは高さ30センチと180センチの2種類の旗を用意し、加賀九谷野菜を使う飲食店にも掲示を呼び掛ける。ロゴは、野菜出荷用の段ボールや職員の名刺などにも活用が予定されている。

 

 加賀九谷野菜は、県内最大の生産量を誇るブロッコリーなど市内産の野菜全てが対象で、2015年7月に同JAが商標登録した。