鼓門周辺の騒音を測定する西浦教授(左)=金沢駅

騒音解消に超音波 金沢駅で29日公開実験

2016/10/07 03:18

 北陸新幹線開業でにぎわいを増す金沢駅が、騒音問題解消を目的とした公開実験の舞台となる。立命館大情報理工学部の西浦敬信教授(音響工学)が29日、鼓門下に、直線上の人にしか音が聞こえない超音波スピーカーを置き、音量や音質を調べる。超音波スピーカーは必要以上に音が拡散せず、ガイドの音声案内や野外コンサートなどへの活用が期待され、西浦教授は実験を基に普及を目指す。