快晴の下、ダッシュする石川ミリオンスターズの選手=15日午前9時50分、金沢市民野球場

ミリスタ 闘志満々 キャンプイン

2018/03/15 16:31

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの石川ミリオンスターズは15日、金沢市民野球場でキャンプインし、新加入8人を含む24選手が4月の開幕戦に向け、精力的に汗を流した。

 

 端保聡社長、就任1年目の武田勝監督から激励を受けた選手たちは春の陽光を浴びながら闘志満々の顔を見せ、はつらつと白球を追った。

 

 武田監督は昨秋のBFA・U―15アジア野球選手権でコーチを務め、全勝優勝した日本代表「侍ジャパン」U―15のユニホームを着け、独立リーグの日本一奪回へ「自覚を持って、プレーしてほしい」と力を込めた。

 

 石川県出身選手として初めて主将に選ばれた尾山台高OBの高橋秀明内野手は「監督を胴上げできるよう、一番大きな声を出して全員を引っ張っていく」と強い意欲を示した。

 

 12年目を迎えるBCリーグは4月7日に開幕し、石川ミリオンスターズは8日午後1時から金沢市民野球場で行われるホーム開幕戦で富山GRNサンダーバーズと対戦する。