ランニングで体をほぐす選手=13日午前10時15分、金沢市の石川県陸上競技場サブグラウンド室内練習場

軽快、合同自主トレ開始 石川ミリオンスターズ

2018/02/13 14:13

 ルートインBCリーグ・石川ミリオンスターズの合同自主トレーニングは13日、金沢市の石川県陸上競技場サブグラウンド室内練習場で始まった。今季から指揮を執る武田勝監督が見守る中、選手19人は寒さを吹き飛ばせとばかりに声を出し、軽快な動きを見せた。

 

 一部の県外出身選手は雪の影響で金沢入りできなかったが、参加メンバーは気合十分だった。新人の近藤俊太郎投手(金沢星稜大4年)は白い息を吐きながらも「平昌五輪の熱戦に刺激をもらっている。負けてられない」と時折笑顔を見せて体を動かした。

 

 武田監督は「平昌のような雪景色ですね」とおどけながらも「開幕に向けてできることをしたい」と意気込みを示した。