必勝祈願に臨む武田監督(手前右)と端保社長=11日午前10時20分、金沢市の尾山神社

石川ミリスタ、王座奪回を誓う

2018/01/11 15:27

 12シーズン目を迎えるプロ野球独立リーグ・BCリーグの石川ミリオンスターズは11日、金沢市の尾山神社で必勝祈願を行い、新任の武田勝監督をはじめ球団関係者10人がリーグ王座と独立リーグ日本一奪回を誓った。

 

 武田監督のほか、端保聡社長、新任の山出芳敬野手総合コーチ、球団マスコットのタン坊らが訪れ、おはらいを受けた後、端保社長と武田監督が玉串をささげた。

 

 参拝後、「末吉」のおみくじを引いた武田監督は「争いは勝つと損と書いてあったので、ほどよく勝ちながら優勝を目指していく」と報道陣を笑わせた後、「いいチームづくりをしてシーズンを迎えたい」と力を込めた。

 

 石川ミリオンスターズは19日に新加入選手の入団発表、2月に入って県内で合同自主トレーニング、3月中旬からキャンプを行い、4月上旬の開幕に備える。