食品衛生の監視指導始まる

2017/09/15 16:09

 石川県による秋の食品衛生一斉監視指導は15日、菓子や総菜の製造施設や飲食店、宿泊施設などで始まり、県職員が調理環境や従業員の清潔保持を指導した。

 

 羽咋市の「道の駅のと千里浜」では、県能登中部保健福祉センターの職員2人が調理場の器具や作業台、冷蔵庫の取っ手などの汚れを調査した。一斉監視指導は10月31日まで約1400施設で行われる。